血管壁の種類と違い(外膜/中幕/内膜) &内皮細胞/静脈弁

血管内の膜の種類や働きに関する情報。

 

 


外膜(がいまく)

 

adventitia

 

「外膜」とは、名前の通り、基本的な3層の中の一番外側の膜のこと。

 

 

 


中膜(ちゅうまく) 動脈と静脈で厚さ違う

 

tunica media

 

 

「中膜」とは基本3層の中間の層。

そして、動脈に関してはこの「中膜」が静脈に分厚く、

この違いが動脈と静脈の分厚さの違いにもとに。

 

 

 

 

 


内膜(ないまく)

 

tunina intima

 

 

「内膜」とは、名前通り、3層の一番内側の膜。

動脈・静脈共に同じくらいの厚さであるようです。

 

 

 


【その他】内皮細胞/静脈弁

 

 

「内皮細胞」とは、

動脈・静脈共に内膜の内側に存在する細胞(細胞の膜)。

 

 

「静脈弁」とは、

静脈にだけ、血管内に一艇間隔で存在する、

心臓に戻る血液の逆流を防ぐ弁のこと。

(ピンボールでいうところの、ボールが穴に落ちないために操作できる、

左右についた2本の棒のような部位)