小腸の3部位(十二指腸・空腸・回腸)

小腸における3つの部位、十二指腸・空腸・回腸それぞれの位置や長さ、働きなどの情報。

 

ちなみに基礎知識として小腸を伸ばすと6-7mくらいといわれる。

 

 


十二指腸(じゅうにしちょう)

 

英単語=duodenum

 

 

3部位の中で最も有名な部位。

そして、病気の種類としても「十二指腸潰瘍」といった病名が有名。

 

場所としては、胃から続く小腸の最初のパートのこと。

 

この部位では胆汁(たんじゅう)や膵液(すいえき)が分泌されるそうです。

 

どれくらいの長さかというと、

胃の袋の下端あたりから25cm位の長さで、

指を横に12本並べた長さが約25cmであることが名前の由来。

 

 

 

 


空腸(くうちょう)

 

英単語=jejunum

 

小腸3部位の中で、25cm程度の十二指腸と、

盲腸・大腸へとつながる回腸の中間部分のこと。

 

長さとしては、6-7mの小腸のうち、25cm程度の十二指腸を除いて、

2/5程度であるということで、計算すると推定2.5m-3mくらい。

 

働きに関しては複雑なため省略。

 

 

 


回腸(かいちょう)

 

英単語=ileum

 

「回腸」とは、

小腸のうち、十二指腸・空腸に続く、小腸の最終パート。

そして、盲腸・大腸の手前。

空腸との明確な境目はなし。

 

長さとしては、十二指腸を除いて小腸全体の3/5程度ということで、推定4m前後。

 

機能は空腸とほぼ同様であるようです。