整形外科と形成外科

昔から何が違うのかわかりづらいことで一般的には有名な「整形外科と形成外科」における、医者が行うことなどの違い情報。

 

 

 


整形外科(せいけいげか)

 

 

orthopedics

 

各外科系科目の中で、一番有名な外科の科目。

 

そして意味は、

 

  • 骨格系(四肢や脊柱)
  • 関節
  • 筋肉
  • 神経

といった運動器官系の疾患を扱う領域。

 

具体的には、

  • 骨折の手術やその後のリハビリ
  • 関節に関するトラブルの治療・手術・リハビリ

 

といったものが有名で、例えば骨折した場合や、

腰やひざの痛みなどで日頃の日常運動に障害が生じている場合などに受診することになる科目。

 

 

 

 

【関連科目】

  • スポーツ整形外科・・・・スポーツ障害・治療目的の専門科目

 

 

 

 

 


形成外科(別名=形成再建外科)

 

 

plastic surgery

 

昔から「整形外科」と何が違うのかわからない人が多い、

整形外科よりマイナーな外科科目である

「形成外科」とは、

 

トラブルや戦争・家事などにより、

体の一部が変形して醜い状態となってしまい、

運動には支障はないものの、たとえば"人の目"などの意味で

元通りの日常生活をおくるのが難しくなってしまった人に対して

 

  • おおやけどした部位への皮膚移植
  • 欠損部を補う手術
  • 事故で顔面が崩れてしまった人の顔の整形

といった外科的治療を施す科目のこと。

そして、皮膚移植が主に行われることのようです。

 

 

 

整形外科とのわかりやすい違いは、

一般的な骨折や関節トラブルといった、

運動する事への支障から受ける科目ではないというところになるようです。

 

 

 

 

 

 

【関連用語:美容整形】

正確な情報ではないものの、

ケガや事故による見た目的な生活困窮は関係なく、

ただただ「美しくなりたい」ということから、

二重手術・豊胸・しわとりなどを行う、いわゆる「美容整形」は

俗称であり、正規科目名としては存在しないようです。

(ただし、整形外科領域よりも明らかに形成外科領域に近い)