内転と外転(内転筋と外転筋)の違い

内転と外転

 

 

 

  • 内転=手(腕)や足を体の中央部(正中線)に近づける動き
  • 外転=手(腕)や足を体の中央部(正中線)から遠ざける動き

 

 

の事を指す。

 

 

 

 

内転筋と外転筋

 

 

内転筋はアスリートの故障に関する情報として一般の人達の間でも有名。

それぞれ、内転・外転の動きに連動する意味合いがある。

 

  • 内転筋=手(腕)や足を体の中央部(正中線)に近づける働きをする筋肉のこと。
  • 外転筋=手(腕)や足を体の中央部(正中線)から遠ざける働きをする筋肉のこと。

 

 

内転筋に分類されるのは、胸の部分についている大胸筋など。

外転筋に分類されるのは三角筋(肩についている筋肉)など。