糖尿病(1型・2型)

 

 

 

まず最初に

糖尿病とは、健康な人と比べてインスリンの分泌量が少なく、

高血糖値の状態が続く病気。

 

 

 

1型糖尿病


 

 

 

別称は「インスリン依存性糖尿病」。

略称はIDDM。

 

この病気にかかる人の多くは若者。

(かつては小児糖尿病と呼ばれていた)

ただし大人がこの病気にかかる事もあり。

糖尿病患者全体の中で、1型にかかっている患者の割合はごくわずか。

 

 

「インスリン依存性糖尿病」という別称通り、

膵臓(すいぞう)内のベータ細胞というインスリンを出す細胞が破壊され、

インスリンが分泌されなくなる、という病気。

 

この場合、インスリンを投与する治療が不可欠となる。

 

 

 

 

 

2型糖尿病


 

 

かつて小児糖尿病と呼ばれていた時期もある1型に対して、

2型糖尿病は大人がかかる病気とされ、生活習慣病の1つに分類される。

 

インスリン依存型の1型に対して「インスリン非依存型」の糖尿病にあたり、

糖尿病患者の大半を占める。

 

原因不明な1型とは違い、

生活習慣または遺伝的要因によって引き起こされる病気とされる。

 

 

概要としては、

インスリンがうまく作用せず、血糖値が高い状態が続くもので、

症状がある程度進むと体重減少などに見舞われる。

さらに症状が進行すると、様々な合併症を患う場合があり。

 

この病気に対しては、食事治療・運動治療などが行われる。