DHAとEPA

不飽和脂肪酸の一種ながら、

意味や違いが分かりづらい、「DHA」と「EPA」の意味情報。

 

 

 


DHA(ディーエイチエー)とは?

 

DHAとは、

「ドコサヘキサエン酸(docosahexaenoic acid)」の略で、

こちらはEPAより一般的な認知度高く、

 

一般的には「摂取すると頭がよくなる」

ということで昔から認知されてきた不飽和脂肪酸の一種。

 

体内では生成することができないため、食品から摂取する必要があり。

 

 

サバ、イワシといった青魚に多く含まれるといわれる。

その他、近年は関連サプリメントが多数あり。

(ただし、サプリメントが効くかは未知数)

 

 

 

【多く含まれるとされる食品】

  • さんま
  • いわし
  • サバ
  • マグロ

 

 

【摂取するとこんな効果があるとされる】

  • 頭がよくなる(実際には未知数)
  • 生活習慣病の改善
  • 血栓予防
  • 血圧低下
  • コレステロール値の低下

 

 

 

 

 

 


EPA(いーぴーえー)とは?

 

 

EPAとは、DHAと比較すると昔から認知度があった語句ではなく、

近年有名になってきた用語で、

「エイコサペンタエン酸(eicosapentaenoic acid)」の略。

 

こちらもDHA同様に体内では生成できない不飽和脂肪酸の一種で油状の液体。

そして、こちらは青魚などの魚油に多く含まれるとされる。

 

 

 

【多く含まれるとされる主な食品】

  • 海苔
  • サバ
  • イワシ

 

 

【摂取するとこんな効果があるとされる】

  • 生活習慣病の予防(脳梗塞、心筋梗塞など)
  • がん予防
  • コレステロール値を下げる

 

この成分自体は頭をよくするような効果はないようです。

 

 

【その他情報】

オンライン辞書によるとEPAを摂取することにより、

学習能力を向上させる「DHA」が作られるそうです。

 

 

 

 


まとめ

 

両方とも、主に魚から摂取できるのが特徴。

 

そして、肉食中心の一般的な欧州人に対して、

魚をよく食べる人種の人達の健康度や頭の良さへの注目が集まり、

この分野の研究が進んできたようです。