歯科衛生士と歯科助手の違いとは?

 

同義語かと思いきや、実は違う職種である歯科衛生士と歯科助手の違い情報。

ネットの辞書などの信頼ある情報参考。

 

 

 

歯科衛生士(Dental hygienist)

 

「歯科衛生士」とは、

主に歯科医師の補助的(助手的)な職種で

 

  • 歯科診療の補助(医師の指示のもと)
  • 口内の衛生指導
  • 虫歯予防のための薬剤塗布

等を行う職種のこと。

 

この職種に就くには、

専門学校や養成所を卒業したのちに歯科衛生士試験を合格し、

都道府県知事の許可が必要。

 

ただし、ハードルが低い歯科助手よりも給与は高いようです。

 

 

 

 

 


歯科助手(Dental assistant)

 

「歯科助手」とは、

ピラミッドでいうと歯科衛生士の下にランクされる職種で、

こちらは歯科衛生士とは違い、都道府県知事の認可が必要なく、

ハードルの低めの職種。

 

ただし、その反面で歯科衛生士ほどの高い知識は求められないため、

やっていいことに制限があり、

 

  • 医院(クリニック)での受付業務
  • 医療器具の清掃
  • 器具の準備
  • 石こうを練る作業

 

といった雑務系作業にやって良いことが限られ、

歯科衛生士のような直接的な診療補助はできないことが特徴。

 

また、あるネット辞書によると

国家資格の歯科衛生士よりも給与安いという情報もあり。

 

 

なるために必要な手順ははっきりとわからないので、

他のページでご確認ください。