コロナウイルス


 

Corona Virus

 

 

新型肺炎のニュースを通じてよく知られるようになった

「コロナウイルス」とは、

様々なウイルスの中での

"呼吸器感染症の要因となるウイルス"の事。

 

 厚生労働省HPによると、

既存の主なコロナウイルスは5つ以上の種類が存在。

 

 

 

既存の主なコロナウイルスの種類(人に感染するもの)

  • HCoV-229E=風邪につながる。毎年発生
  • HCoV-OC43=風邪につながる。毎年発生
  • HCoV-NL63=風邪につながる。毎年発生
  • HCoV-HKU1=風邪につながる。毎年発生
  • SARS-CoV(SARSコロナウイルス)=SARSにつながる
  • MERS-CoV(MERSコロナウイルス)=MERSにつながる

 

 

国立感染症研究所HPによると、

  • SARS&MERSコロナウイルスの症状=発熱、肺炎、下痢など
  • HCoVからはじまる4種=鼻炎、上気道炎、下痢(発熱は伴わない)

 

 

 

 

なぜ「コロナ」と付くのか?


 

 

コロナ(corona)とは、

天体の表面に発生する発行体の事。

 

では、なぜコロナとこのウイルスとのつながりがあるのかというと、

ウイルスの表面が、教科書・資料などでよくみられる

太陽コロナに似ている事から。