HDLコレステロールとLDLコレステロール

人間ドックなどでも有名な、コレステロールの種類であるHDLコレステロールとLDLコレステロールの意味の違い情報。

 

 

 

 

HDLコレステロール

 

high density lipoprotein cholesterol

 

 

HDLコレステロールとは、

通称「善玉コレステロール」と呼ばれている種類。

 

不要となったコレステロールを肝臓に輸送する働きをする。

これが少ないと動脈硬化の危険が高くなる。

 

高比重リポタンパク質(HDL)に包まれている。

 

 

人間ドック協会HPでの数値基準

  • 29mg/dl以下=異常
  • 30-39mg/dl=要注意
  • 40-119mg/dl=基準範囲内
  • 120mg/dl以上=異常

 

 

 

 

LDLコレステロール

 

 

low density lipoprotein

 

「LDLコレステロール」とは、

濃度が高いと動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳梗塞などにつながるため、

通称「悪玉コレステロール」として知られる種類。

 

比重リポタンパク質(LDL)で包まれている。

 

 

人間ドック協会HPでの数値基準

  • 59mg/dl以下=要注意
  • 60-119mg/dl=基準範囲内
  • 120-179mg/dl=要注意
  • 180以上mg/dl=異常

 

 

 

 

【その他】総コレステロール

 

血中コレステロールの総量のこと。

 

 

人間ドック協会HPでの数値基準

 

  • 139以下=異常
  • 140-199=正常
  • 200-259=要注意
  • 260以上=異常