背中の筋肉(広背筋と僧帽筋)

 

 

人の背中についている2つの大きな筋肉。

 

 

広背筋(こうはいきん)


 

 

背中の下のほうから中央部に広がる、面積が広い筋肉。

下の方から伸びてきた筋肉は上腕骨内側(わきの下のあたり)と結合。

 

上腕を内転させる動き・後方に惹きつける動きなどを担う。

 

別称は闊背筋(かっぱいきん)。

 

 

 

 

 

僧帽筋(そうぼうきん)


 

 

 

広背筋の外側に重なっている背中の筋肉。

 

背中の中央部のあたりから肩・後頭部から伸びて

肩甲骨と鎖骨に結合。

 

肩の動きに関連。

 

 

 

 

広背筋・僧帽筋の位置がわかる簡易画像