動脈と静脈

血管の分類の違い

 

 


動脈(どうみゃく)

 

英単語=artery

 

「動脈」とは、

心臓からスタートし、体の上から下まで、

酸素を十分に含む「動脈血」を送る様々な血管の総称。

(肺動脈除く)

 

そして、静脈に比べて血管が分厚いのが主な特徴。

 

 

 

【種類】

  • 大動脈
  • 肺静脈・・・Co2を含んで戻ってきた肺で酸素に変えてもらうための例外

 

 


静脈(じょうみゃく)

 

英単語=vein

 

「静脈」とは、心臓から動脈を伝って体の隅々まで行き渡った血液が

Uターンして心臓の右心房まで戻ってくるまでの各血管のこと。

 

血の圧力が低いため、

血管が分厚い動脈に比べて静脈のほうが血管が薄いのが特徴。