大動脈と肺静脈

動脈の大半を占める大動脈と、例外的な肺動脈の違い情報

 

 


大動脈(だいどうみゃく)とは?

 

英単語=aorta

 

「大動脈」とは、例外を除いて動脈の基本的な形で、

心臓の左心室を伝って、酸素を豊富に含む「動脈血」を

体の隅々まで届けてくれる血管のこと。

 

 

 

 


肺動脈(はいどうみゃく)とは?

 

 

英単語=Pulmonary artery

 

「肺動脈」とは動脈の中の、

一般的に知られている情報と比較して例外的な血管の流れのことで、

静脈を伝って二酸化炭素[Co2]を多量に含んで、

心臓の右心房(右の心臓の上部)に戻ってきた静脈血が

右心室(右の心臓の下部)に伝わり、

右心室から肺まで続く、「上り」の血管のこと。

 

肺で二酸化炭素を含んだ血液(静脈血)を

酸素を多量に含んだ動脈血に交換してもらうための流れなので、

通常の動脈には「動脈血」が流れているものの、

この肺動脈内だけは「静脈血」が流れているのが特徴。

 

 

 

 

 


【関連情報】肺静脈

 

 

肺静脈とは肺にて、酸素をたっぷり含んだ

「動脈血」に変わった血液が心臓の左心房に戻るまでの血管のこと。

 

そして、静脈内は基本的に「静脈血」が流れているものの、

この部分だけは「動脈血」が流れてるのが特徴。