ローコストキャリア(LCC)とレガシーキャリア

 

 

航空会社のタイプ。

 

 

ローコストキャリア(LCC)とは?


 

 

2010年代に入ってから国内でも人気急上昇中。

通称「LCC」。

 

ローコスト(低経費/低費用)という意味に連動し、

「格安航空会社」

といったように日本語訳される傾向。

 

 

  • 様々な無駄を省く(機内のエンタメサービス/無線LAN等)
  • 様々なサービスを有料オプション化(機内食/座席指定等)
  • 1機体あたりの座席数を増やす
  • 人件費をかけずにチケットを販売する
  • キャンセル料支払われない(コースによっては全額返金あり)

 

こういった特徴により、低運賃が実現している。

 

 

なお、トイレ・洗面台までカットしているという事はなく、

そういったものは存在し、利用する事が可能。

 

 

 

[主な企業(2019年時点)]

  • Peach Aviation・・・・・20119年にはバニラエアを統合
  • Jet Star
  • 春秋航空日本
  • Air Asia
  • [新] ZIPAIR・・・JALが2020年に立ち上げ。JALエコノミークラス間の半額程度が目標

 

 

 

 

 

 

 

レガシーキャリアとは?


 

 

legacy carrier

 

 

レガシーキャリアとは、

フルサービスエアライン(航空会社)と同義語で、

様々な機内サービスを有料オプション化しているLCCとは対照的に

機内食をはじめとしたサービスをチケット代金に含んでいる

航空会社の事を指す。