月刊 法律のひろば

株式会社ぎょうせいによる、実用的な法律雑誌。

専門誌ながら1000円を切る買いやすい価格。

 

 

 

基本情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:月刊 法律のひろば

株式会社ぎょうせい

毎月1日発売

発行部数=HPに媒体資料なし

広告料金=HPに媒体資料なし

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

実用的法律知識の普及を目標とする法律誌。

各界権威の執筆になるときの問題・講座等は、

大学での講義で得られるより以上の実用的知識を与えるものとして好評!

 

 

 

 


法律のひろば 過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

  • 交通事故をめぐる近時の課題
  • 新たな技能実習制度と外国人材の活用
  • ストーカー犯罪対策
  • 成年後見制度
  • 新たな技能実習制度と外国人材の活用
  • 消費者団体訴訟制度のこれから
  • 刑事訴訟関連法の改正
  • 自殺予防対策―自殺者減少社会の実現へ
  • セクシュアル・マイノリティへの現状と課題解決に向けて
  • 会社法制をめぐる新たな潮流
  • 個人情報の利活用と保護
  • 震災から5年―現場から問いかける課題と復興・防災・減災への提言
  • 発達障害者支援の取組
  • 派遣法改正―労働者・企業への影響と今後の展望
  • 危険ドラッグの規則と薬物事犯者への処遇・支援
  • 労働審判制度 10年目の課題と展望
  • 法と判例からみる消費者問題のいま
  • 認知症とトラブル 法律家に何ができるか
  • インターネットと人権侵害
  • 高齢者・障害者の犯罪 裁判~処遇~社会復帰
  • 窃盗事犯者と再犯
  • 交通事故をめぐる法的論点と法整備
  • ADRの現状と課題
  • 問われる企業のコンプライアンス
  • 裁判員制度 施行5年を迎えて
  • マイナンバー法と個人情報保護
  • 更生保護法施行5年―更生保護の現状
  • 死因究明等の推進に向けて
  • アジアの刑事司法と日本の国際的な貢献
  • 動き始めた法教育

 

 

バックナンバーを色々と分析したところ、犯罪系の特集が多いようです。

 

 

 

 

 

 


この雑誌の読者の主な併読誌

 

 

  • Jurist
  • 判例時報
  • 判例タイムズ
  • 法学教室
  • ビジネス法務