原価率

 

 

原価率(げんかりつ)とは、

店舗で顧客に提供される価格において、

原材料の費用が何割を占めるかというパーセンテージの事。

(各分野の外食店の原価率平均は30%前後)

 

1000円のメニューの原材料費が300円ならば原価率は30%。

 

 

 

例えば、ファストフードのハンバーガー店には

原価が高いメニューと、原価が極めて低いメニューが混在している事で有名。

具体的には、100円バーガーなど原価率が高いメニューがある一方で、

ポテトやドリンク類は原価率が10%以下と言われる。

 

原価の高いものと低いものが混在する店は、

2つをセット販売して原価率を中和させて儲けを出す努力をする。