エンゲル係数

 

 

engel coefficient

 

 

エンゲル係数は、 

19世紀を生きたドイツのエルンスト・エンゲル(Ernst Engel)という統計学者が導き出した

「エンゲルの法則」

という家計に関する法則に関連する係数の事。

 

 

まず「エンゲルの法則」とは

一家の総合的な消費支出のうち、総所得が低いほど食費の割合が高くなる、という法則。

 

 

そして、総消費支出のうちの食費が占める割合をパーセンテージで表したのがエンゲル係数

 

 

総務庁HPの2017年度データによると

  • 年間収入約1500万円の家庭のエンゲル係数は約20%
  • 年間収入700万円前後の家庭のエンゲル係数は約25%
  • 年間収入200-300万円くらいの家庭のエンゲル係数は約30%・・・・法則通りで高数値

 

くらいが平均になると記載されている。

 

つまり、年間収入1500万円くらいの家庭と

年間収入200万円から300万円程度の家庭のエンゲル係数には、10%前後の開きがあり。

 

 

 

 

[注記]

物価の状況などにより、エンゲルの法則が役立たない例もあり。