外食と中食と内食

外食


 

 

外食は、家の外(飲食店)で

その道のプロが店の厨房にて作り上げた料理を食べる事。

 

*ほぼ完成されて工場から届けられたものを簡易調理して提供し、

その商品を顧客が店の中で食べるような事も外食に該当。

 

 

 

 

 

内食


 

 

外食の対義語。

 

 

こちらは、知らないプロではなく家族など家庭内の人が作ったものを

家の中で食べる事を指す。

 

 

 

中食


 

 

2000年代あたりから飲食業界内で定着した用語。

(外食分野のワタミの中食進出などにより)

 

読み方は「なかしょく」。

 

外食と内食の中間的な存在。

プロの人が店で作った料理を購入し、家に持ち帰ってから食べる事。

(家ではなくオフィス内で食べる事も中食)

 

  • 出前(顧客は店に足を運ばない形)
  • スーパー・コンビニで総菜を買って家で食べる
  • 弁当店で弁当類を買って家で食べる

 

といったところが、中食の代表例。