月刊「投資手帖」

株式会社日本株式新聞社による、個人投資家を完全なターゲットにした投資情報誌。

 

 

 

基本情報/HP媒体資料情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:投資手帖

株式会社日本株式新聞社

毎月20日発売

発行部数=HPの資料には部数情報なし

広告掲載料金=6万円から80万円(2017年時点のHP媒体資料情報)

1957年創刊

Fujisanの売上ランキング=300位圏内(約1万誌中)

 

 

 

【投資手帖の推定発行部数】

Fujisanの売上ランキング、他の競合誌の部数などから分析すると

推定5-10万部くらい。

出版社サイトによると雑誌不況の中、部数が伸びているそうです。

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

月刊『投資手帖』は、ほぼ50年にわたって投資に役立つ情報を提供し、

個人投資家とともに歩んできました。

お陰さまで、いまでは個人投資家の「バイブル」として各方面から高く評価されています

。一方、企業サイドでは、株主重視の時代を迎え、資本効率を高め、株主に報いようという経営が広がってきています。

これは、企業のトップが最も重視する経営指標が株主資本利益率(ROE)であることをみても明らかです。

月刊『投資手帖』はこうした企業から発信される情報を、

個人投資家にわかりやすくお伝えする中長期投資家向けの株式情報誌です。

 

 

 

【会社HPでの媒体説明】

個人金融資産の増大にともない、

堅実な運用を目指す投資家に的を絞った編集をモットーとする総合証券情報誌。

近年ことに着々と部数を伸長、投資家はもとより証券金融界など産業界からの評価が高まってきている。

 

 

 

【ターゲット】

個人投資家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


投資手帖 過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

  • 新上昇相場!!主役は新時代を牽引する出遅れ「大型優良株」厳選8銘柄
  • 有望50銘柄の買いゾーン・売りゾーン
  • 『人手不足』が業績を押し上げ、『デフレ脱却』も実現。 ゼネコン、機械と素材関連8銘柄にターゲット
  • 素材から始まる「値上げ」が他に拡がり、ついにデフレ脱却へ 関連8銘柄
  • 景気予想の上方修正が相次ぐ。 17年は日米が世界経済を牽引。 日本株ならこの8銘柄
  • もう、そこまで来ている!日本の技術が扉を開ける「未来社会」関連 厳選8銘柄
  • 『ニッポンが主役』の時代!! 17年相場はこの「3大テーマ株」で勝負
  • 政策総動員、日本株反騰へ! 第1Qを底に業績回復、この厳選8銘柄で勝負
  • 英のEU離脱問題は懸念しすぎ 大幅に下げたグローバル株を狙え 厳選8銘柄
  • 『建設株』業績絶好調、ここから出遅れ挽回へ。 東京オリンピック以降も好環境つづく 厳選8銘柄
  • 陰の極を脱した「市況関連株」 今が底値を買うチャンス 厳選8銘柄
  • 逆境をものともしない『好業績株』を個別物色 厳選8銘柄
  • 日本の近未来技術が競演!!「東京モーターショー」関連 厳選8銘柄
  • 「日本再興戦略2015」始動 成長性高める『生産性革命』関連 厳選8銘柄
  • 仕込むのは『出遅れ株』この好業績・割安株は買い!! 厳選8銘柄
  • 日本株、出遅れを一気に修正へ 2大テーマ株にターゲット
  • 「円安・株高」シナリオは生きている。 ニッポンを代表する『日の丸銘柄』を狙え 厳選8銘柄

 

 

 

特集は投信やFX企画はなく完全に株式投資系の企画ばかり。

特に「厳選8銘柄」的な銘柄数を絞った企画が多い。

 

そして、雑誌全体的にも、

目次を参考にすると日経ねまーなどのメジャーな総合マネー雑誌が

投資やFXなどの情報も含めた総合的な内容であるのに対し、

この雑誌は基本的に株式投資情報に特化しているのが特徴のようです。

 

 

 

 


投資手帖 主な口コミ(評判)

 

 

  • 株式専門誌らしい情報量と信頼性
  • 初心者にわかりやすい
  • 一番ためになる
  • かなり参考になる
  • 今月の特選株はよく当たる
  • 専門的な内容であるのが良い
  • 本の大きさのコンパクトさが良い

 

 

 

 


主な競合誌

 

  • 投資経済
  • 株主手帳