月刊「投資経済」

株式会社投資経済社による、個人投資家ではなく主にアナリストなどを対象にした投資情報雑誌。

 

 

 

基本情報/媒体資料情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:投資経済

株式会社投資経済社

毎月10日発売

発行部数=HPの資料に記載なし(推定5万部前後)

1933年創刊

電子版あり

 

Fujisan売上ランキング=1000位前後

 

Fujisanには1号だけ無料バックナンバーあり。

 

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

高い確度の産業・企業情報なら『投資経済』!

投資情報とともに、産業・企業の分析記事に定評があり、

読者は投資家・企業経営者・アナリストなどが中心です。

 

 

 

【ターゲット読者層】

  • 企業の管理職
  • ビジネスマン
  • 株式投資家
  • 就職を控えた学生

 

 

【読者年齢層情報】

  • 20代=10%
  • 30代=20%
  • 40代25%
  • 50代以上=45%

 50代以上が約半数を占める。

 

 

 

 

 


基本的な誌面構成

 

 

 

  • トップレポート
  • 特集
  • 株式特集
  • 中小型成長銘柄リサーチ
  • 連載
  • 業界レポート
  • 産業情報
  • インタビュー
  • アメリカ経済・ビジネス
  • 株主優待特集

など。

イレギュラーコンテンツ込。

 

一般ユーザ対象のマネー雑誌と比べて、プロ向けなのでやはりやや堅めの構成。

 

 

 


投資経済 過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

  • 不確実時代の中計を吟味する
  • 嵐の予感!? 8業種の2017年度見通し
  • 2017年主要7業界見通し
  • 急変する環境下で成長に挑む自動車企業
  • 1兆円市場創出の期待膨らむ夢の新素材
  • マイナス金利・円高・資源安・海外市場メリットを享受する企業
  • 磐石!! 過去最高益企業の研究
  • 5年前倒しで訪日客2000万人達成へ。インバウンド消費の衝撃
  • 達成度と将来像を検証~ 中計を吟味する
  • 訪日客2000万人到達近し~沸騰するインバウンド需要
  • 想定外の原油価格急落は大きなチャンス
  • 人手不足・賃金高騰の産業別影響度

 

 

特集がない号もあり。

 

 

 

 

 


主な競合誌

 

  • 会社四季報
  • 四季報プロ500
  • 投資手帖
  • 株主手帳