相対性理論(相対論)

アインシュタインで有名な「相対性理論」が誰でも簡単にわかるような簡単な実例情報など。

 

 

相対性理論とは?

 

 

相対性理論とは、

ベロを出した写真が日本でも有名なドイツのアインシュタインが

1900年代初頭に提唱した物理学の理論。

 

まず先に1905年に「特殊相対性理論」が発表され、

1916年に「一般相対性理論」が発表されたそうです。

 

そして、その後「量子力学」と並んで物理学の基礎理論として有名になる。

 

 

 

わかりやすい例

 

あまりにも難しく、わからないこともあるので、

以下は相対性理論に基づいたわかりやすい実例など。

 

 

  • 物質が運動すると質量が増える
  • 速く動くものは、遅く動くものよりも時間の進みかたがゆるやかになる
  • なので、高速な宇宙船から帰還した人など、速く動いていた時間が長いほど老化の進行がごくわすがに遅くなる(タイムマシンとも関連)

 

その他はまとめ中です。

 

 

 

なお、

ある本によると、光速に近い速度で進むロケットに

1年乗ってきた宇宙飛行士がいたとすると、

地球に戻ってきた時には2倍以上の2年4か月の時が経過しているそうです。

なので、10年乗っている帰還すると24年経っていることになるので、

実年齢や老化などにおいて、地球上の年下だったはずの人達との逆転現象が発生。