有機肥料と無機肥料

花や植物(野菜・果物)に対して使う肥料の2大分類である、有機肥料と無機肥料の意味や定義などの違い比較。

 

 

 

有機肥料

 

 

有機肥料とは、

いわゆる有機栽培にて使用することが許されている肥料のことで、

植物を含めて生命が関わっている有機物に由来する肥料全般のことを指す。

 

 

【主な種類】

  • 堆肥(植物系)
  • 糞尿・・・・鶏糞など
  • 緑肥(植物系)
  • 魚肥

 

 

 

 

 

 


無機肥料

 

 

無機肥料とは、

有機栽培では使用してはならない、

有機肥料の対極にある肥料の種類で、

(基本的に)生命が関係しない無機物(鉱物)に由来する肥料群のこと。

 

土壌汚染などの地球環境への懸念から

有機肥料よりも使用を削減する必要がある肥料の種類。

 

 

 

 

【主な種類】

  • 硫安
  • 過リン酸石灰
  • 塩化カリ
  • 草木灰・・・・こちらは生命が関係する。ただしカリウムなどで出来ているので無機肥料扱い