進化論と創造論

人類の起源に関する2大理論として知られる、

進化論と創造論の意味合いや互いの主張の違い比較。

 

 

 


進化論

 

 

evolutionary theory

 

 

「進化論」とは、

人間をはじめとした生物が、

例えば人間であれば猿から少しずつ進化して現在の姿になったほか、

他の生物も少しずつ進化しながらもともとの原始的なものから進化して現在に至る、という説。

 

ただし、創造論やそれに類似した理論などに関して

確固たる証拠などが増加傾向にあるほか、

例えば地球人は地球人でも見た目に大きな差があることなどから、

「この理論には無理がある」

と主張する人が増加傾向にある理論。

 

 

 

 

 

 

 


創造論

 

 

「創造論」とは、

現在の人間や動物や生物が地球環境の中で自然と発生し、

原始的な生物から進化してきたという「進化論」とは逆に、

「地球にあるものは神により想像された」

というような宗教的で非科学的な理論。

 

そして、とても非科学的なため、

化学では説明できないものを真っ向から否定するタイプの

人たちの間は論外とされてきた理論ながら、

地球外生命体に関する研究が進む中、

神ではないものの、地球外に無数に存在するとされる

進化が進んだ地球外の生命体が地球上の生物を創造した、

という様々な証拠を伴った説が近年たしかに続出し、

創造論完全否定派にも大きな影響を与えているようです。