電子雑誌配信サービス比較

 

電子雑誌はクラウド上に雑誌を置いておけるものの、

該当サービスが終了してしまったら、何も残らない可能性があるので、

サービスの将来性の見極めは重要事項。

 

Amazon Kindle store

 

 

Amazonによる最大手ストア。

将来性、サービス終了の可能性の低さはここが一番。

koboストア  楽天による2番手の規模のサービス
マガストア こちらもある程度老舗
Fujisan 雑誌専門サイトなので、将来性高い。