ロングテール

 

long tail

 

例えば商業の世界では、

売上全体の8割前後を、人気上位20%のわずかな商品が占めるとされてきた。

(=パレートの法則)

 

人気上位20%には入らない死に筋商品はほとんど売れず、

各商品の売り上げを上位から棒グラフにまとめていくと、

上位20%を過ぎたあたりから右肩下がりで下がっていき、

そのあとは動物の長い尾(テール/tail)のような見た目になる。

 

これがロングテールの語源。

 

 

 

Amazonがとったロングテール戦略

 

 

書籍をはじめとしてありとあらゆるものをオンライン販売するAmazonは

全体の2割を占める売れ筋商品だけに特化するのではなく、

巨大な倉庫を保有している事を活かし、

ロングテールの部分(商品数的には全体の8割を占める死に筋商品/需要が少ない商品)

の品揃えを徹底的に充実させ、

需要は少ないながらも特定の人には強く必要とされている商品を

どんどん売っていく事で、安定した利益を売るようになった。

 

それ以降、オンラインショッピングの世界では、

売れ筋商品ではなく、死に筋商品にスポットを当てるという戦略に注目が集まるようになった。

 

 

 

 

 

[補足]

実店舗の場合、家賃/地価が高い集客力の高い一等地に

死に筋商品も充実した大型店舗を作るのはリスクが高い。

一方、オンラインショップの世界には立地は関係なく、

倉庫が人里離れた地価/家賃が激安の郊外エリアにあっても、売り上げには影響がない。