ライセンサーとライセンシー

まず初めに「ライセンス商品」について


 

 

アパレル業界などではよく知られた

「ライセンス商品」

とは、大元のブランド側の公認商品のようなもの。

 

またブランド側観衆の元でイメージを一定のレベルに保ち、

外部企業を一般展開するブランドの事は

「ライセンスブランド」といわれる。

 

"名義貸し"のようなもの。

 

 

例えばアパレル系では、

  • ハナエモリ
  • ミチココシノ(MICHIKO LONDON)

などがライセンスビジネスに積極的。

 

 

 

 

ライセンサー・ライセンシーそれぞれの意味


 

 

  • ライセンサー(licenser)=ライセンスを与える企業/ブランドの事
  • ライセンシー(licensee)=ライセンスを与えられた者の事

 

 

 

 

 

海外ブランドの例


 

 

例えば、海外企業の日本企業のライセンス契約というと、

英国・バーバリーと日本の三陽商会の密接な関係が有名。

 

三陽商会HPによると英国バーバリーに関しては、

 

  • ライセンサー扱い=英国・バーバリーリミテッド&バーバリージャパン(株)
  • ライセンシー扱い=三陽商会&三井物産株式会社(共同ライセンシー扱い)

 

という構図。

 

三井物産とは国内の大手総合商社。

 

2015年頃に英国バーバリーは、様々な改革を行い、

日本企業とのライセンス契約も打ち切り。

それにより、三陽商会は

日本独自のライセンスブランド

  • バーバリー・ブルーレーベル
  • バーバリー・ブラックレーベル

を失うなど大きな打撃を受けた。