百貨店

 

 

 

百貨店は江戸時代を起源とする、歴史の古い大型商業施設。

海外でいうところのデパートメントストアにあたり、デパートとも称される。

 

あらゆるジャンルの商品を扱っているところが「百貨店」という呼称の由来。

 

 

もともとは全国の大都市で、小規模スペースの店で営業をしていた。

その後、時代の流れと共に店舗の巨大化が進み、

地上10階建て以上の店舗まで登場し始める。

 

 

特に第二次世界大戦後には全盛期を迎え、

高度成長期の中で全国の各店舗が大繁盛した。

 

 

しかし、1980年代・1990年代あたりから

百貨店で売られているものよりも安い値段の物を販売する

  • ファッションビル
  • ショッピングセンター
  • アウトレットモール

 

といった業態が登場してきた事で市場規模は衰退。

 

 

2000年代に入ると大手同士の経営統合が相次いだ。

 

 

特徴としては、

  • 富裕層をメインターゲットにしている
  • 駅前の一等地に出店している
  • 若者世代ではなく大人世代がメインターゲット
  • 食べ物を扱うテナントが多い(ファッションビルやショッピングセンター・アウトレットモールに比べて)

といった事などが挙げられる。