クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカード(credit card)


 

 

クレジットカードの

creditとは"信用"という意味で、

キャッシュカードとは違って、信用がないと所有できないもの。

 

審査はカード会社によって様々ながら、

勤務会社に電話が来て在籍が確認できなかった場合は、容赦なく審査落ちする。

(逆に楽天カード・Yahooカードなど枚数を増やす事を重視していて電話が来ないカードもあり)

 

 

具体的には

「カード会社が一時的に支払いを肩代わりする」

という点が特徴で、

その後、1カ月から2カ月経過後に登録銀行口座から

肩代わりしたお金が引き落とされる仕組み。

 

 

なお、

  • 分割払い
  • リボ払い

をすれば、少しずつ返済する事も出来、

手元にあまりお金がない人達には重宝されている。

 

 

 

 

 

 

 

デビットカード(debit card)


 

 

 

デビットカードは、クレジットカードとは違い、

「即時決済」

であるのが大きな特徴。

 

現金を用意しなくていいのがメリットながら、

カードで支払いをしたら銀行口座から即時お金が引き落とされる。

(現金払いに近いもので、分割払いはできない)

 

 

例えば、キャッシュカードにデビットカードが付いた

「SMBCデビット」

https://www.smbc.co.jp/kojin/special/debit/

といったカードが人気。

 

 

 

[キャッシュカードとの違い]

ただのキャッシュカードでは、街の店で電子マネー的に

カードで決済をする事は出来ない。