携帯電話ビジネス用語:MNOとMVNO

MNO(モバイル・ネットワーク・オペレーター)


 

 

MNO(エムエヌオー)とは、

モバイル・ネットワーク・オペレーター

(Mobile Network Operator)

の略。

 

そして、免許を持っていて、

自社の独自回線網を築き上げた上で

移動体通信事業(PHS含む)を行っている事業者の事を指す。

 

  • NTTドコモ
  • au
  • ソフトバンク・モバイル
  • [新] 楽天モバイル・・・・・2019年秋からMNOサービスにも参入

 

が代表的な存在。

 

 

 

 

MVNOとは?


 

 

MNOとは異なる

MVNO(エムブイエヌオー)とは、

モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター

(Mobile Virtual Network Operator)

の略で、

Virtual(仮想)という語句が付き、一般的には

「仮想移動体通信事業者」

と訳される。

 

MVOと違って自社の回線網をもっておらず(免許をもっておらず)、

免許をもっているMVOと提携し・回線を借りてサービスを行っている事業者の事を指す。

 

 

こういった事業者のサービスを利用すると、

リーズナブルな料金でスマホなどを利用できるのが特徴。

 

 

 

 

 

 

 

 

MVNOのサービスはなぜ安いのか?


 

 

MVNO事業者のHPに掲載されている

安さの秘密に迫るコンテンツによると、

 

MNOの事業展開には

  • 通信施設の開発
  • 端末の開発
  • 実店舗の運営コスト

など様々なコストがかかっているため、

その分のコストがユーザーに降りかかる。

 

 

それに対して、MVNOは

そういったコストがかからない事などにより、

低料金が実現しているそうです。

 

 

その他、

2GBプランなど小さなデータプランを販売する事も安さの秘訣。