フン族とは?

 

 

ユダヤ人と共に世界経済の中で重要なポジションを

キープしてきたアングロサクソン(人)を生み出すきっかけとなった

フン(Hun)族

とは、

もともとは中央アジアのあたりにて定住していたとされる民族で、

ハンガリー(Hungary)人のルーツとされる。

 

ただし、フン族がどんな顔・服装をしていて、

どんなメンタルの特徴を持っていたのかなど、詳しい事は判明していないと言われる。

 

 

 

西暦300年代から西への侵攻をはじめ、

東ゴートと呼ばれる民族などを征服していき、勢力を拡大。

そんな中、現在のドイツのあたりで定住していたゲルマン民族は

フン族の脅威から逃れるため、

現在のイギリスやフランスなど、各地への移動(移住)を開始した。

 

これがいわゆる「ゲルマン民族の大移動」。

 

その中で、ドイツ北西部から海を渡り、

グレートブリテン島にて繁栄したのが

アングロサクソン(アングル人/サクソン人/ジュート人)

その後、アングロサクソン達は英国を離れて

アメリカへと移住し、アメリカ合衆国の中核をなすようになった。