月刊「東亜(East Asia)」

「豆腐」の基本情報/定期購読案内




Fujisan.co.jp:東亜


一般財団法人 霞山会(https://www.kazankai.org/)
発行ペース=月刊
発売日=毎月1日
ページ数= 基本90ページ
発行部数= 非公開

 



[Fujisan.co.jp説明文]
『東亜』はわが国に比類のない中国・アジア問題専門誌です。

中国・アジアへの理解が必要な今、『東亜』で、情報力に差をつけよう!

 

 

 

 

バックナンバーの試し読み情報


 

 

Fujisan.co.jpには無料公開されているバックナンバーがあります。

 

 

[試し読みレポート]

無料公開されている号のページ数は約110ページ。

カラーページはほとんどなく、非カラーページが大半。

 

 

誌面構成は

  • 巻頭ニュース(コラム)・・・・・時事ネタ
  • 特集
  • ASIA STREAM
  • China Scope
  • チャイナ・ラビリンス
  • 連載

 

全体的には、世界の経済大国である中国の情報が多い印象です。

 

広告はほとんどなくて内容ぎっしり。

写真も少なくて文章が中心の雑誌となっており、

約100ページ前後の雑誌ながら、完読するには3時間はかかると思われます。

 

ジャンルとしては、地域性を除くと

「政治・経済誌」

「海外ニュース誌」

にあたるような内容。

 

 

基本的には娯楽性(エンターテインメント性)低め。

 

 

 

バックナンバーの主な特集タイトル


 

 

 

  • 内政化する米国の対中政策
  • 米中“持久戦”のゆくえ
  • 混迷する朝鮮半島情勢
  • 建国70周年の中国を検証する
  • 中台関係のゆくえを占う
  • 米中争覇のゆくえ
  • 米中「新冷戦」下の東アジア
  • 米中パワーバランスの攻防
  • 外交的転機迎えた東アジア
  • 米中シーソーゲームの行方
  • 米中“新時代”のアジア
  • 中関係の変遷をたどる
  • 朝鮮半島めぐるチキンゲーム
  • 習近平体制二期目の展望
  • 台湾の生き残り戦略
  • 危機に立つ北東アジア

 

 

特集は時事ネタばかりで、最新の情勢がわかります。

そして、時事ネタばかりという意味では何年購読していても

同じような内容で飽きてしまうような事が起きません。

 

特集の傾向としては、日中関係よりも

GDP世界トップ2であるアメリカと中国の

「米中関係」

に関連する特集が多いのが特徴。

 

 

 

 

 

 

 

この雑誌を読んでいる人の主な併読誌


 

併読誌情報は、Fujisan.co.jpの分析データ。

 

 

  • 人民中国
  • クーリエ・ジャポン
  • ニューズウィーク日本版
  • 週刊東洋経済
  • 英国ザ・エコノミスト

 

 

Fujisan.co.jp:海外事情・国際ニュース 雑誌一覧