熊谷登喜夫(TOKIO KUMAGAI)

 

 

小篠順子・高田賢三・山本寛斎などに続き、

1968年、若手デザイナーの登竜門である

装苑賞(第24回)」を受賞して脚光を浴びる。

 

その後、自身のブランド「TOKIO KUMAGAI」を立ち上げ、

1980年代に入るとパリにも進出。

 

しかし、1987年に若くして死去。

その年には第5回毎日ファッション大賞を受賞。

 

創業者の死を受けて1988年からは「TOKIO KUMAGAI」ブランドが

弟子である永澤陽一氏に託された。

 

装苑賞・毎日ファッション大賞の両方を受賞している数少ない人物。

(他には高田賢三や山本耀司がその快挙を達成している)

 

 

 

*TOKIO KUMAGAIブランドがコレクション発表を終了した時期は不明。