ポール・ポワレ(Paul Poiret)

 

*ポアレと日本語表記されることもあり。

 

 

20世紀前半に活躍した世界的なフランス人オートクチュールデザイナー。

大柄な体格をしている。

世界の服飾史の中では「ファッションの王様」「モードの帝王」などと称されてきた。

 

1879年生まれ。

パリ出身。

 

1900年代前半に20代半ばの若さで店を開き、

圧倒的な能力ですぐにパリモード界にて大活躍するようになった。

特に、ココ・シャネルより前の時代(1900年代初頭)に

女性をコルセットから解放した事などが大きく評価されている。

 

また、1910年からは他に先駆けて香水ビジネスにも参入。

 

 

1930年頃にデザインの世界からは引退し、

自身の名を冠したブランドはこの年から活動停止状態に。

その後、寂しい晩年を経て1944年に死去。

 

2018年春には韓国企業の支援で

中国人のイーキン・イン氏をディレクターに迎え、

「ポワレ(Poiret)」

というブランド名でパリコレのプレタポルテ部門に参加し、

約90年ぶりのコレクション発表が行われた。

その半年後にも2019年春夏コレクションをパリコレで発表。

 

2019年には韓国系企業により

ブランドが本格的に復活する事が

大きく報道され、日本でも話題になった。