SPAとオンラインSPAの違い

(従来の)SPA


 

 

日本の衣料分野だとユニクロ、

海外の衣料分野だとGAP・ZARAなど有名。

 

こちらは作った商品を百貨店やセレクトショップに卸し、

メーカーが直接顧客とかかわることがないスタイルであるのに対し、

SPA企業は自社の直営実店舗網全国に築きあげているのが特徴。

 

そして、メーカーは店舗にて顧客と直接的に接する。

 

 

 

 

オンラインSPAとは?


 

 

それに対して、2010年代に入って

国内外で本格的に登場しはじめた

「オンラインSPA」

とは、"オンライン"という呼称に関連し、

基本的には店舗をもたず、

 

  1. 自分達で企画デザインし
  2. 自社工場や提携工場で製造し
  3. ネットを通じて直接顧客に商品を届ける

 

というビジネススタイル。

 

「(基本的に)実店舗がない」

という点が明確な違い。

 

いわゆる「DtoC」というビジネスモデルと基本的には同義語とされる。

 

 

 

 

[具体的なオンラインSPA(DtoC)ブランド]

  • エバーレーン(Everlane)・・・・アメリカ。ショールーム的な店あり
  • Herlipto・・・・日本。小嶋陽菜ブランド。期間限定店が出店する時もあり

 

 

 

 

 

オンラインSPAの強み


 

 

実店舗運営のコストがかからない。

 

それにより

  • より良い原材料を使える
  • 良いものを安く顧客に届けられる

など。

 

その他、在庫面など様々なメリットがあると言われる。