比嘉京子/Kyoko Higaデザイナー

 

 

1953年(昭和28年)11月生まれ

沖縄県出身

 

沖縄で生まれ育ったのち、

東京の世界的な服飾専門学校の文化服装学院に進学。

 

同校のデザイン科を1975年に卒業すると

大手アパレルメーカーの株式会社ワールドに入社。

 

1985年に同社を退社後は渡英してロンドン生活を経験。

1年後に帰国したのち、1987年に

「ローズ・イズ・ア・ローズ(ROSE IS A ROSE)」

というブランドを立ち上げ、東京コレクションにデビュー。

 

1991年には自身にとって2番目のブランドである

「キョウコ・ヒガ(KYOKO HIGA)」

を立ち上げ、このブランドにて東京コレクションに参加するようになり、

国内トップデザイナーの一人に数えられる存在へと成長。

 

21世紀に入ってからはニコル社の

ブティックニコルというブランドのデザイナーとして活動していた時期もあり。