ドン小西(小西良幸)

デザイナーとしてのキャリア(1990年代まで)

 

 

1950年生まれ。

三重県津市出身。

 

 

小中学校まで三重の学校で学んだのち、関東の高校に進学。

高校を出ると明星大学に進学したが中退し、

東京都心の大手服飾学校・文化服装学院に入学した。

 

文化服装学院を卒業したのち、

29歳の頃に自身の会社(株)フィッチェ・ウォーモを設立。

 

 

1985年からは東京コレクションに参加し始め、

色彩豊かな刺繍系衣料が高く評価されて国内のトップデザイナーに数えられるようになった。

1991年には日本人デザイナーにとって最大の栄誉とされる

「毎日ファッション大賞」の大賞を受賞した。

こうしてFICCE系ブランドと自身の名を冠したYOSHIYUKI KONISHIブランドの価値はどんどん上昇していく。

 

さらに1997年には世界4大コレクションの一つである

ニューヨークコレクションに進出し、

1998年にはFEC・デザイナー賞を受賞するなどさらなる活躍をしていたが、

海外で活躍しているうちに国内で様々な問題が起き、

大きな借金を抱える事になった。

 

 

東京コレクションなどのショーからも撤退し、大きなピンチを迎えた。

 

 

 

 

 

2000年代以降のタレント時代


 

 

2000年代に入ってから

借金を返していくために様々な苦労をする中、

ドン小西という愛称で情報番組に出演するようになり、タレントとしてブレイク。

 

その後もタレントとしてのどんどん人気は上昇していき、借金の完済に成功。

 

2010年代に入ってからは

タレント業・デザイナー業など幅広い分野で活躍している。