デザイナーズブランド御三家

 

 

デザイナーズブランド(デザイナーブランド)御三家とは、

1970年代・または1980年代に世界に進出して成功し、

その後も数十年に渡って繁栄を続けている3つをブランドを指す語句。

 

下記の3つに続く世界的なブランドが育ってこない事が

この業界内では大きく問題視されていると言われる。

 

 

 

 

御三家リスト


ブランド名 歴史など

 

 

イッセイミヤケ

(ISSEY MIYAKE)

 

by

三宅一生

 

 

 

 

広島県出身のデザイナー、

三宅一生氏が興したブランド。

 

KENZOというブランドに続いて

1970年代前半からパリコレクションに参加。

以降、世界的な成功を収める。

 

21世紀に入ってからは創業者は裏方として活動。

 

 

 

 

コムデギャルソン

(Comme des garcons)

 

by

川久保玲

 

 

 

 

川久保玲さんという女性によるブランド。

1970年代に国内で人気を博したのち、

1980年代初頭より、盟友の山本耀司氏と共に

パリコレクションに出展し始める。

 

稀代のビジネスマンとして知られる。

 

 

 

 

ヨージヤマモト

(YOHJI YAMAMOTO)

 

by

山本耀司

 

 

 

 

東京の名門服飾学校を卒業した

山本耀司氏のブランド。

 

1980年代初頭から

コムデギャルソンと共にパリコレクションに出展し始める。

 

2000年代に入って経営危機を迎えたが

復興して再び世界的に活躍している。

 

 

補足


 

 

山本耀司氏と同じ服飾学校出身の高田賢三氏がパリで興した

KENZOという世界的ブランドは御三家には入らない。