クレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)

生い立ち/初期キャリア


 

[参考文献]

GIVENCHY公式サイトやクロエ公式サイトの歴史情報

 

1970年生まれ

性別=女性

出身地=イギリス

 

 

1970年に英国・イングランド中央部に位置する

バーミンガムという都市にて誕生。

 

その後、首都・ロンドンのアート系学校で学んだのち、

渡米して世界有数のファッション都市・ニューヨークに移住。

 

現地にてカルバン・クラインのスタッフとして働いたのち

しばらくしてカルバンクラインの競合ブランドである

ラルフローレンに移籍し、同ブランドにて活躍。

 

2000年にはミラノの世界的ブランド・GUCCIに移籍し、4年間活動。

2005年からは母国・英国の世界的ブランド

「PRINGLE OF SCOTLAND」にてクリエイティブ・ディレクターとして活動。

 

 

 

 

クロエ時代


 

2011年春にプリングルから離脱すると

その数カ月後となる2011年夏に

ハンナ・マクギボン(Hannah MacGibbon)の後継者として

パリの世界的ブランド「Chloe」の新たなクリエイティブ・ディレクターに就任。

 

2011年秋の2012年春夏シーズンより5年半に渡ってクロエを指揮し、

同ブランドの発展に大きく貢献した。

 

 

ジバンシー入り


 

2017年春の2017-18秋冬シーズンをもってクロエから離脱すると、

その年の5月にはクロエと並ぶ世界的なパリの高級ブランド、

GIVENCHYにおいて、同ブランドを長きにわたって率いてきた

リカルド・ティッシに替わる新たなアーティスティック・ディレクターに就任。

 

オートクチュールとプレタポルテ(男女両方)

をすべて任され、ジバンシィでの活動をスタートさせた。