ダイヤモンドの4C


 

 

宝飾業界には

宝石の王様といわれるダイヤモンドの品質評価基準に関する

4つのCがある。

 

 

  • carat
  • clarity
  • color
  • cut

 

caratは、

重さに関する用語。

5caratで1g(1カラットは0.2グラム)。

値が大きいほど希少性が高まるため価値が高い。

 

 

calrityは、

透明度に関する基準で、11段階に分けられる。

ダイヤモンドの中に内包物がなくて表面に傷がないようなものが高評価を受ける。

 

 

colorは、

色に関する評価。

黄色っぽいものは評価が低く無色に近いほど評価が高まる。

 

 

cutは

研磨したダイヤの見栄えの完成度に関連。

見栄えが美しいほど評価が高まる。

このCは職人の腕の見せ所。