金子功

 

1939年(昭和14年)7月15日生まれ

山口県出身

 

東京都心の文化服装学院に入学し、

  • 高田賢三
  • コシノジュンコ
  • 松田光弘
  • 黒田明子

といった天才達と共に、小池千枝先生のもとで学ぶ。

(この年度の生徒たちは、一般的に"花の9期生"と称される)

 

 

文化服装学院を卒業すると

セツ・モード・セミナーにてさらに技術を深め、

卒業後は複数の会社でキャリアを積む。

 

 

その後、1982年に自身の会社である株式会社ピンクハウスを

設立すると共に同年から自身のブランド

「ピンクハウス(PINK HOUSE)」

を本格始動させる。

 

またPINK HOUSEに続いて

  • インゲボルグ
  • カールヘルム

といった別ブランドもスタート。

 

1980年代半ばには、PINK HOUSEが当時のDCブランドブームの

中心的な存在の一つに君臨していた。

 

 

1990年代に入ると「ワンダフルワールド」という新ブランドを立ち上げ、

東京コレクションにて活躍。

 

 

2010年代に入ると、かつての学友・コシノジュンコの母である

小篠綾子をモデルとしたNHK朝ドラ「カーネーション」にて

金子功をモデルにしていると思われる人物が

劇中に登場し、大きな話題となった。