サインディスプレイ業界誌「POP EYE」

株式会社総合報道によるサインディスプレイ業界誌。

なのでマガジンハウスのファッション誌「ポパイ(POPEYE)」とは無関係。

 

 

 

基本情報/HP媒体資料情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:POP EYE

株式会社総合報道

隔月刊(偶数月15日)

発行部数=1万部(2017年)

広告料金=HPに情報なし

1969年創刊

サイズ=A4

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

サイン・ディスプレイの専門誌。

サイン、ディスプレイ、POP、交通広告、ショップ、イベントやエンジニアリングのビジュアル誌で、全国をはじめ近隣諸国、米欧にも多数の読者がいます。

鋭い視点とタイムリーな企画、カラーの作品紹介、新資機材情報や分かりやすい技術解説などホットな情報が盛りだくさん。

写真中心の専門メディアです。

 

 

【出版社サイトでの説明】

サイン、ディスプレイ、商業施設、交通広告、ショップ、イベント等の写真を中心とした専門雑誌です。鋭い視点とタイムリーな企画、新作施設やサインの紹介、新資機材情報、技術解説など業界最新動向が盛りだくさん。 新聞「総合報道」とも随時連動を図り、各種好評連載も充実しております。

 

 

 【ターゲット(読者層)】

  • サイン、ディスプレイ製作会社
  • 資機材メーカー各社
  • 広告代理店
  • デザイナー

 

 

【実際の読者層(媒体資料情報)】

  • 製作会社 50% 
  • 広告会社 20%
  • 建設会社 10%
  • デザイン会社 5%
  • クライアント側 10%
  • 官公庁・学校 5%

 

 

 

POP EYE 過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

  • 児童・高齢者施設のサイン演出 ―利用者目線のひと工夫―
  • サイン業界のインバウンド・ビジネス
  • 蓄光・再帰反射 ――サイン市場への可能性――
  • 即戦力の人材を育成するS&D業界の専門校
  • 点検ルール標準化 一歩先行く安全ツールマニュアル
  • ISM戦略を支えるサイン・ディスプレイの領域
  • 重点分析「内照用LED」
  • 製作室探訪 工場のひと工夫
  • 市場確立へ ファブリックサインシステム
  • 加工機導入企業の一貫生産体制
  • 外照サイン変革期―需要高まる器具一体型LED―
  • メンテナンス業務を取り巻く現状―問われる業界のモラル―
  • 注目を集めるデジタルプリント壁紙
  • 出力会社に聞く トラブル回避ノウハウ
  • フロア領域の実践施工テクニック
  • サイン製作業発・集客看板提案術
  • 布出力物を取り巻くビジネス環境
  • 過酷な環境におけるサイン施工の留意点
  • 街並み・景観に調和するサインデザイン
  • インクジェットプリンタを活用したSP(セールスプロモーション)・ノベルティビジネス
  • いまさら聞けない接着系あと施工アンカーの基礎知識
  • パチンコ・スロット店のサイン動向
  • 都内屋外広告媒体の現状と今後
  • 規格看板とファサード演出
  • 児童施設における新たなデザイン提案
  • 次世代CI・VI戦略
  • クリスマスディスプレイ特集
  • サイン業における事業価値の創出
  • 両面内照式サインのLED活用法
  • UVプリンタ・有効活用最前線
  • 車体装飾とサイン施工
  • IJP出力施工と屋内不燃材料認定メディア
  • 大型物件と材料指定

 

 まさにこの分野の業界誌といった感じの、役立ちそうな特集ばかり。

 

 

 

 

 

 

おおまかな誌面構成

 

  • 巻頭特集・・・1つから3つの特集
  • 新作施設
  • レポート
  • 連載

 

基本的にこのような形で変わりはないようです。

 

 

 

 

競合誌情報

 

  • 月刊サイン&ディスプレイ(マスコミ文化協会)
  • [社内姉妹誌] 旬刊総合報道・・・こちらは新聞形式