マルチブランド戦略とは?

マルチブランド戦略の意味,概要やメリット


 

 

マルチ・ブランド戦略とは、

multi(マルチ)という英単語がもつ

 

  • 多様な
  • 多い
  • 複数

 

というような意味合いが関連。

 

 

具体的には、

一つの企業/ブランドが社内で多種多様のブランドを保有・展開する事で、

業績アップを目指したり、どんな景気にも対応できるようにする戦略の事。

 

 

例えば、アパレル業界などでこの戦略をとっているブランドがある。

ビジネスセンスに長けた社長が率いするケースが多い。

 

 

 

 

具体例:アルマーニ


 

 

イタリアの敏腕ビジネスマン、

ジョルジオ・アルマーニ氏が創業したアルマーニ社は

世界のアパレル業界の中でマルチブランド戦略を

導入している企業として有名。

 

 

具体的には

(2010年代後半時点)

 

  • ジョルジオアルマーニ・プリヴェ・・・・・超高級オートクチュールライン
  • ジョルジオ・アルマーニ・・・・大人向けの高級ライン
  • エンポリオ・アルマーニ・・・・・主に若い世代向けの高級ライン(価格安め)
  • EA7・・・・・スポーツ系カジュアル(低価格)
  • ARMANI CASA・・・・・インテリア系
  • アルマーニ・エクスチェンジ・・・・・幅広い世代に向けた低価格カジュアル

 

といったブランドを展開。

年齢層的にも大人だけでなく子供も対象。

 

 

この戦略により、あらゆる事態に対応する事ができるほか、

あらゆる世代・性別・所得層を顧客に出来る。

 

 

 

[補足]

現在、ブランド再編中で

  • アルマーニ・コレッツィオーニ
  • アルマーニ・ジーンズ

に関しては、2010年代後半に統合

 

 

 

 

 

 

 

その他のマルチブランド企業


 

 

アパレル系でいうと、

  • ラルフ・ローレン
  • ファーストリテイリング社(会社全体では様々なブランドを保有)
  • インディテックス社(ZARAなど様々なブランドを保有)

 

などが該当。