eCPM

eCPM


 

 

eCPM(イー・いーピーエム)というスマホ広告系の用語とは、

「effective cost per mille」の略。

 

 

それぞれの単語の直訳は

  • effective=有効な/効果的な
  • cost=費用
  • per mille=1000回につき

 

で、意味は広告掲載者からすると

広告1000回表示あたりの収益(有効インプレッション単価)」という意味。

 

広告主側からすると「1000表示あたりの支払額」。

 

 

 

例えば、とあるスマホ広告の管理画面においては、

モバイルサイトにおいて1ページごとに4つの広告を表示させている場合、

ページビューが250に達した時、250×4で広告表示が1000回に達し、eCPMが算出される。

 

 

 

[補足]

「広告1000回あたり」ではなく「アクセス数1000回あたり」と定義される例もあり。

 

 

 

eCPMの算出方法


 

 

例えば1ページごとに4つの広告を貼っているサイトにて

250回のアクセスがあった場合(=広告が1000回表示された場合)、

 

 

クリック数が5回で、それぞれのクリック単価が

 

  1. 3円
  2. 5円
  3. 2円
  4. 7円
  5. 5円

 

だったと仮定すると、

「3+5+2+7+5」で、22円。

 

 

つまり、eCPM(1000回表示あたりの収益)は

「22円」

ということになる。

 

 

 

その他、クリック単価が高い広告会社の広告を掲載している場合において、

250回のアクセスにおいて10クリックあり、

それぞれの単価が

 

  1. 12円
  2. 20円
  3. 15円
  4. 32円
  5. 40円
  6. 8円
  7. 23円
  8. 28円
  9. 18円
  10. 15円

 

 

だったとしたら、合計211円(クリック単価約21円)ということになり、

eCPMは211円となる。

 

 

 

このように、

  • クリック単価
  • クリック率

によってeCPMには大きな差が発生する。

 

 

 

[補足]

1ページあたりの広告掲載数を増やせば短期的には大場にeCPMを増やせる可能性があり。

ただしサーチエンジンのロボットは広告ばかりのサイトを嫌うため、

広告を貼りすぎると、中長期的にはサーチエンジン順位がどんどん下落していく可能性あり。