団塊の世代/団塊ジュニア

団塊の世代

 

 

「団塊の世代(だんかいのせだい)」とは、

第二次世界大戦が1945年(昭和20年)に終結したあとに起こった

1947年(昭和22年)から1949年(昭和24年)の

第一次ベビーブームに生まれた世代(人達)の事を指す。

 

生まれた数としては約700万人。

 

 

 

 


団塊ジュニア(団塊Jr)

 

 

団塊ジュニアとは、

団塊の世代(1947年-1949年生まれ)が25歳を過ぎて適齢期に入った

1971年から1974ねんにかけて起こった

第二次ベビーブームの時期に生まれた世代/人達の事を指す。