CMSの種類(クラウド型とサーバインストール型)

 

2000年代から人気を増してきた

ホームページ作成ツール

CMS(Contents Management System)に関する2種類を解説。

 

 

 

 

クラウド型CMS


 

 

クラウド型CMSとは、

ユーザーがサーバーを用意する必要がなく、

そしてサーバーにCMSをインストールする必要もなく、

オンライン上ですべての作業が完結するタイプのCMS。

 

誰でも簡単に操作できるのが大きな特徴。

 

 

2000年代半ばに登場したブログ(Webログ)もこちらのタイプ。

 

その他、2010年代に入ってからは

無料またはわずかな月額費で利用できるクラウド型CMSもどんどん登場中。

 

 

 

 

サーバインストール型CMS


 

 

2000年代にMovable Typeというブログ系CMSが

登場したことにより脚光を浴びはじめたタイプ。

 

こちらはまず、レンタルサーバーと契約する必要があり。

 

しかし、無償提供されているCMSをダウンロード&インストールした場合は

クラウド型CMSとは違って月額利用料がかからない。

 

ただし、操作の難易度は高め。

 

 

 

 

 

 

クラウド型・インストール型それぞれのメリット・デメリット比較


  クラウド型CMS サーバインストール型CMS
インストール作業

 

不要 

 

必要 
操作難易度

 

極めて低い

 

高め

 

デザイン自由度

 

低め

高い
CMS月額費

 

無料

or

有料

 

*サブドメインだと

無料の場合が多い

 

 

無料

(無償提供CMSについて)

 

 

故障の復旧

 

 

基本的に故障は

起こらない

 

 

初心者では

復旧出来ない場合あり

(その場合、すべてが

やり直しになる)

 

 

向いている人

 

インターネット

初心者

技術レベル高い人

 

コスト

(ドメイン管理費

は除く)

 

月額利用料1000円

なら年1.2万円

月額100円のサーバなら

年1200円

(安い)