BRICs(ブリックス)

 

 

2000年代に登場した新語である

BRICs(ぶりっくす)とは、

語句が誕生した2000年前後から際立った経済成長をとげていた

5つの国を指す語句。

 

 

具体的には

  • BRAZIL(ブラジル/南米)
  • Russia(ロシア/欧州)
  • India(インド/中央アジア)
  • China(中国/東アジア)
  • South Africa(南アフリカ共和国/アフリカ)

の頭文字が名称の由来となっている。

 

 

その中でも中国の勢いがすごく、

予想通りの経済成長を続けて2010年頃には

日本を抜いて世界第2位の経済大国にのし上がった。

 

 

 

 

 

BRICsの共通点


 

 

 

  • それぞれ国土が広い
  • それぞれ人口・働き手が多い
  • 緯度的に暑すぎず寒すぎない地域が国内にある(人が生活しやすい)
  • エネルギー資源が豊富

 

 

[注記]

細かく言うとロシアには温暖な地域はわずか。

それが北方領土問題につながっている。