月刊 広報会議

 

株式会社宣伝会議による、企業内の広報・IR担当者向けの、

PR・リスクマネージメント系の専門誌。

 

 

基本情報/媒体資料情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:広報会議

発行元: 社会情報大学院大学 出版部

発売元: 株式会社宣伝会議

毎月1日発売

発行部数=5万部(2017年)

広告料金=媒体資料内に料金表なし

2005年創刊

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

日本で唯一の広報専門誌として、仕事にすぐ役立つ情報と知識をわかりやすく丁寧にお届け。

企業・自治体などあらゆる組織にとって、社会からの「評判」は信頼につながる重要な要素です。

組織にとってマイナスとなる情報の流出を抑えるリスクマネジメントから、メディアに取り上げてもらうための攻めの広報活動まで、実践に役立つ広報の基本と最先端の事例をお届けします。

 

 

【出版社サイトでの内容・コンセプト説明】

大手から自治体・ベンチャーまで、すべての広報担当者の実務に役立つ

企業広報・PR・リスクマネージメントの専門誌。

 

 

【読者の業種データ】

  • メーカー 30%
  • サービス 20%
  • 広告・PR業 20%
  • 流通 8%
  • 教育・研究機関 7%
  • 行政・自治体 6%
  • メディア 5%

 

 

 

【読者の社内での職種DATA】

  • 広報・IR 38%
  • 経営企画・CSR・社長室 17%
  • 総務・人事 10%
  • マーケティング 10%
  • 営業・販売 7%

 

 

 

 


広報会議 過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

 

  • 「物語」で強くなるコーポレートブランド
  • なぜ今、企業ブランドが重視されているのか?
  • 50人の変革者たちが語る 「広報の仕事に 必要なこと」
  • 広報の仕事の基本 経済メディア研究 報道対応Q&A
  • 広報パーソンの倫理観を考える
  • なぜ地方創生に「広報力」が必要なのか?
  • デジタルで変わったニュースの流通構造
  • 企業はコンテンツ、ストーリーの宝庫です! PRになぜクリエイティブが必要か
  • 「戦略的社内広報」で社員が変わり、会社が変わる。
  • 歴史と伝統から未来へつなぐ コーポレートブランドをつくる広報
  • PRパートナーの選び方・付き合い方
  • ベンチャー乱立時代 「一歩抜きん出る」ためのPR
  • 総合誌&専門メディア 編集長100人
  • 自社メディア強化計画
  • 経営トップは今、何を語るべきか
  • 「ものづくり」技術と広報力
  • メディアリレーションズ 拡大・強化計画
  • 「ネット告発」と広報対応
  • スタートアップ広報の手順
  • 攻めの広報・PR 実践企業 110社を大調査「広報という仕事」
  • 編集長100人が明かす 「理想の広報」とは?
  • テレビに取材される方法
  • 官民一体の成功プロジェクトを追う 地域を巻き込む企業PR
  • 押さえておくべき業界の「応援団」専門メディアに注目せよ
  • PRパーソンのキャリア確立法
  • 話題をつくる人の考え方
  • 広報のコストと効果を見直す

 

 

役立ちそうな特集ばかりで、

実際に媒体資料によると、一度届いたら捨てずに2年以上保存しておく人が多い、というデータも判明しています。

 

その他、編集長100人登場企画など、

広報以外の人にも有益な特集を組んでいる号があるので、

気になる号の単品購入もおすすめな雑誌。

 

 

 

 

 

 

 


広報会議の主な評判(口コミ)

 

 

  • 広報・IR担当者には必須
  • 広報業務に関する専門知識が得られる数少ない情報源
  • 読み物としてもおもしろい

 

 

 

 

 

 

 

 


競合誌

 

  • 国内唯一の広報担当者向け専門誌と説明されているてので、完全に競合する雑誌はないようです